定期刊行誌

HOME -
定期刊行誌
年4回発行の季刊誌で1953年より35年以上にわたり継続発行している音響学専門と設計施工の中間的性格の特徴を持つ当協会の機関紙です。国内の音響関 係者はもとより、海外の研究者にも重宝されております。また、読者のニーズに答え、毎号特集記事を掲載しており、多彩な編集委員を擁して時代にあった問題 点について、最新の話題を提供しています。多彩な執筆陣による実務的な内容の特集記事と最新情報・Q&Aコーナーの会員の頁で構成されています。官公署、大学、企業などに購読され、海外の購読会員も増加しています。
No.204[ 2023年12月発刊 ]
No.205[ 2024年3月発刊 ]

通巻 No.205【Vol.53 no.1】
〈特集〉新しい音響実験施設・音場体験施設
 

特集にあたって
杉江 聡
【1. 実験室測定・立体音場再生の現状と展望】
1.1 遮音・吸音性能における実験室測定の現状
杉江 聡
1.2 床衝撃音性能における実験室測定の現状と将来
平川 侑
1.3 立体音場再生技術の現状と展望
尾本 章
【2. 性能試験のための音響実験施設】
2.1 佐藤工業技術センター 音響実験施設
吉岡 清,平岡千春
2.2 大成建設 技術センター 音響のラボ
山崎泰知
2.3 大成建設 技術センター 風騒音シュミレータ
冨高 隆
2.4 長谷工コーポレーション 技術研究所 住宅実験棟及び音響実験棟
會田 祐
2.5 CLT遮音実験棟
田中 学
【3. 立体音響を用いた実験施設・音場体験施設】
3.1 ヤマハ 音場関連体験施設
渡辺隆行,宮崎秀生
奥村 啓
3.2 竹中技術研究所 ホールの響きを再現する試聴室
鈴木和憲,山田祐生
3.3 鹿島建設KIビル立体音響技術「最適音源分散配置」を適用したミニシアター
矢入幹記,星野嗣人
武内 隆
3.4 戸田建設技術研究所 音の体験をテーマとした施設
小泉穂高
3.5 3次元音響映像再生システム
坂本慎一
3.6 低周波音体験車
岩永景一郎
〈会員の頁〉
1.床衝撃音体感システム
ヤクモ株式会社
2.見学会報告 (一財)小林理学研究所
日本音響材料協会

価格(消費税別途)

印刷物
定価3,300円/冊 (バックナンバーも定価3,300円です)
最新版DVD (第4版)
No.1~187号+特別収録(音響材料No.1~18+建築音響No.1~22)
DVD定価 16,500円/枚

.

ご注文方法

フォームからのお申し込みの場合は、下記のボタンから必要事項をご記入のうえ送信ください。なお、お振込み手数料は、ご自身のご負担となります。

.

ご注文からお届けまでの流れ

1.お申し込みフォーム、FAXにてご注文
2.当協会より申し込みの確認の返答と指定口座の連絡
3.指定口座へご入金
4.当協会で、ご入金確認後、3営業日以内に発送
 
ご注文からお客様の元へお届けするまで最短で7営業日ほどお時間をいただきます。
※ご入金先は、みずほ銀行又は郵便振替をお選びいただけます。

なお、お振込み手数料は、ご自身のご負担となります。

.

音響技術の一覧 キーワード検索

下記にキーワードを記入して、検索ボタンをクリックしてください。各号に掲載されている音響技術記事のタイトル(目次内容)が検索できます。(現在検索は、187号までしか検索できません。更新工事中です)
〒169-0073
東京都新宿区百人町3-21-16
日本ガラス工業センタービル2F
E-mail:info@onzai.or.jp FAX番号:03-6384-1828
©Acoustical Materials Association of Japan

PAGE TOP